第5章 書き方の形式(6)

その6 本文以外の割り付け

1.p197 1.巻数のまとめ方

1巻のページ数は表題紙や奥付など含めて100~160ページが標準ですが、どうしても160ページを超える場合、何ページまで許容できますか。1行あけの部分で分冊すると162ページで表題紙、目次、奥付までいれると全体で168ページになるのですが。

【A】

「てびき」では読みやすいページ数という意味で、第3版から記載されていることですので、自施設・団体内でだけ使用する点訳書であれば、それぞれの施設・団体の事情に合わせて考えればよいと思いますが、「サピエ図書館」にデータを登録する場合は、異なります。
「サピエ図書館」のデータは、全国の施設・団体が印刷・製本して、利用される方に貸し出すことを前提にして製作することになっています。
現在は、多くの施設・団体が70~80枚を綴じることができるバインダーを使用しています。80枚がバインダーに綴じてページをめくることができる限界で、60枚~70枚がそのバインダーで読みやすい枚数です。75枚くらいまでに押さえてほしいという希望も出ています。
ですから、サピエ図書館に登録するデータは、標題紙・奥付も含めて、最大160ページに止めるよう工夫してください。

【新規】 p197 2.ページの付け方

ページの付け方についてお尋ねします。前書き序文などは下がり数字を用いるとされていますが、序章も下がり数字を用いるのでしょうか。
序章 第1章…第10章 終章とある本です。

【A】

まえがき、序文、はじめに、序章などは、「てびき」p197 2.にあるように、本文と独立している場合は下がり数字でページを付け、本文の内容と連続性が強い場合は、本文と通しページにします。
ただ、「まえがき、序文、はじめに」などより「序章」はすでに本文の内容が始まっている場合が多いように思います。そのような場合は、序章から、1ページとします。

2.p198 2.ページの付け方 【処理】

ページ付けについて質問です。「てびき」p198に「パソコン点訳では、偶数ページが空白になる場合もページを入れる。」とありますが、目次の裏面はどうでしょうか。自動でページは付かないので手動で「モクジ」「モク数1」など入れますが目次が1枚の時、「モク3」で終わった時などに裏面にも入れる必要がありますか。
また、奥付の前のページが空白の時も入れるのでしょうか。データ利用されるのにあった方がいいのでしょうか。

【A】

目次の偶数ページもページ付けをすることをお勧めしています。「モク3」で目次が終わっても「モク4」のページ付けも入れます。
なお、目次が1枚の場合は、ページ付けをしても省略してもどちらでもよいことになっていますので、省略する場合は、その裏ページも空白になります。
奥付の前の偶数ページにもページ付けをします。奇数ページにページが付いていれば、その裏のページにも必ずページを付けます。

3.p198 3.標題紙

表題紙の著者名の書き方についてお尋ねします。奥付に「著者 ○○」とあれば表題紙では「○○著」と書いていますが、点訳中の本の奥付には「著者 ○○」、「聞き手 ○○」とあります。この「聞き手」は表題紙ではどのように書けばよろしいでしょうか?
【A】
特に規則は設けていませんが、原本の奥付の語を使用して「キキテ」と書いてよいと思います。標題紙では「○○チョ」「○○キキテ」となります。そのほか、「述」「インタビュー」や「ノベライズ」などがありますが、これらも、原本の語をそのまま用いて書きます。

4.p198 3.標題紙 ほか

書名、特にシリーズ名などで、後ろに続く数字や上・下などとのマスあけについて。
これまで、私は二マスあけるものと考えてきましたが、一マスでよいという方も結構おります。どちらがよいのでしょうか。
例えば
「皇国の守護者7」→「コーコクノ■シュゴシャ■■7」または「コーコクノ■シュゴシャ■7」
「家政夫のナギサさん 上」→「カセイフノ■ナギサ■サン■■ジョー」または 「カセイフノ■ナギサ■サン■ジョー」

【A】

ご質問のどちらの場合も二マスあけにします。標題紙の例2、奥付の例1、例2などを参考にしてください。
シリーズ名などの前の要素がマスあけを含む語句で、後ろの数字や上・下などは、その全体の番号ですので、二マスあけます。ただ、(上)(下)のように巻次がカッコで囲まれている場合は、誤解がないので一マスあけでよいと思います。
「てびき第3版Q&A」Q149も参照してください。

5.p198 3.標題紙

標題紙について。書名と副書名があって、副書名は前後を棒線で囲むと「てびき」に載っています。副書名の中に棒線が使われている場合でも、前後に棒線を使うのでしょうか。また、奥付の書名蘭では、前だけに棒線を使うと、副書名の中の棒線が後ろの棒線と勘違いされないでしょうか。

【A】

標題紙で、副書名を囲む②⑤ ②⑤の線は、棒線と形は同じですが、いわばレイアウト上のもので、書名の下に、この線で囲まれていれば副書名と分かりますので、副書名の中に棒線があっても、誤読の恐れはないと思います。
奥付の場合は、初見であれば確かに読んでいて迷うところだと思いますが、標題紙等で、書名・副書名を理解した上でのことですので、奥付のルール通りに書いて差し支えないと思います。

6.p198 3.標題紙

書名の後に続く、上・下等の 3.標題紙マスあけについて確認です。
「点訳フォーラム」のQ&Aで、書名との間は二マスあけすること、また(上)(下)とカッコがあれば、一マスあけとなることは、理解できました。
現在、校正している『盤上の向日葵』の原本には、上・下にカッコがついているので一マスあけと思いますが、「サピエ」の書誌詳細欄にはカッコがついておりません。
こういう場合は、原本どおりでいいのか、サピエにあわせないといけないのか、迷っております。なお、サピエ登録はTRCのデータをコピーして登録しています。

【A】

原本を点訳するのですから、原本通りとします。
サピエの書誌入力規則では、原本にカッコがあっても、カッコを入力しないことになっています。ですからサピエの書誌には、上・下などにカッコは付いていません。

7.p198 3.標題紙

上・下等、標題紙に書く巻次について「原本を点訳するのですから、原本通りとします。」との回答があります。原本標題紙の巻次は、1・2、①・②、(上)・(下)、また菱形の中に数字や漢字がある場合などさまざまです。原本の扉と奥付は同じ場合も異なる場合もあります。その時は「てびき」p198 【処理1】を参考に奥付の記載に従うということでいいでしょうか。
『運命の人』(山崎豊子 文藝春秋)は標題紙・扉・奥付の3カ所が同じで、菱形の中に数字があります。もちろん書誌は数字のみです。同じように菱形が使われている本では、数字や漢字だけ、またはカッコに替えられていることがあります。今回のような場合、巻次はどのように点訳するのがよいのでしょうか。他にも原本から判断できない場合はどうすればよいでしょうか。

【A】

『運命の人』(山崎豊子 文藝春秋)は、菱形のなかに数字が書いてあるスタイルに統一されているようです。
菱形に数字は、点字では書き表せないので、(1)(2)と第1カッコで囲んで書くのがよいと思います。
墨字では視覚的にいろいろなデザインができますが、点字では、第1カッコで囲むか、裸数字で書くかの判断になります。
原本奥付を元に、巻次が何も囲みがなく、1・2・上・下などと書かれていれば、点字でも 数1 ジョー などと囲み記号を用いないで書き、(1)①(上)などと囲み記号で囲まれていれば、点字では第1カッコで囲んで書くようにするのがよいと思います。

8.p198 3.標題紙

製本に関する質問です。
表紙などの点が潰れないように、全体を「コタコタ・・・」と打ったもので挟むと聞いたことがあります。もしそうするなら、コタコタを両面に打ちますか。片面だけにし、打った方を内側にして挟みますか。

【A】

点字用紙の下の方が大きく空白になったときに、下に2~3行コタコタといれることが、以前行われていました。
点字プリンターではなく、亜鉛板で製版して、印刷機で打ち出すときに、保護点として、あるいは亜鉛版のズレを防ぐために行われていました。
現在もその習慣が残っている施設もありますが、点字プリンターで印刷する際には、この点は必要ありません。

9.p200 4.目次

大見出し・中見出しのある本で、中見出しには、目次に記載があるものとないものが混在していますが、原本通り点訳して問題はないでしょうか?
【A】
点訳書の目次は、その点訳書の内容が分かりやすいように、検索できるために作成するものです。原本の目次とは異なるものと考えてください。ですから、原本の目次にない項目でも点訳書の目次に入れてかまいません。原本の目次になくても、点訳書では中見出しをすべて入れることができます。

10.p200 4.目次

本文中に見出しが一つもなく、原本に目次がない場合、点訳書凡例・はじめに・あとがき・著者紹介などは、目次に掲載したほうがよいのでしょうか。
【A】
標題紙・目次・奥付は点訳書独自のものですので、ご質問のような場合の処理は、各施設・団体で判断されていいと思いますが、ご参考までに「てびき」から考えられる一般的な処理を記してみます。
原本に見出しがなく、目次もついていない場合は、本文の前後に、献辞や登場人物、あとがきや著者紹介などがあっても、点訳書でも目次をつけないのが一般的ではないかと思います。今回ご質問の原本の場合も、目次をつけなくても差し支えのない範囲ではないでしょうか。
ただ巻末に、あとがき・解説・作家の年譜などが掲載され、後ろの資料も参考にした方が読解に便利などの理由で、読者にそのページを知らせた方がよいと考えられる場合には、最終巻にだけ目次を入れるという方法も考えられます。その場合、点訳書独自の留意事項ですし、最終巻に目次がついていることを、初めに読者に知らせた方が親切ですので、第1巻の最初に「点訳書凡例」をつけるのがよいのではないでしょうか。点訳書凡例で、「最終巻には、~などがついていますので最終巻にだけ目次をつけました。」と断れば、読者に分かりやすいと思います。または、あとがきなどの項目とページを点訳書凡例に入れてしまって、目次はつけないという方法もあります。

11.p200 4.目次

本文が見出しなしで始まり、点字で6ページ目位で最初の見出しになります。以降は普通に見出しごとに本文が続きます。この場合、目次で点訳挿入符で囲んで
((ミダシナシ)) … 数1
としていいのでしょうか。
それとも見出しのない最初の本文は、目次では無視していいのでしょうか。本文の書き出し文を目次1行分ほど書く方法をとる点訳者もありますが、どの方法がよいのでしょうか。

【A】

こうしなければならないという規則はありませんが、原文に該当する見出しがないのですから、点訳書の目次に項目を書くことができません。ですから、点訳書のページは1ページから始まらなくてもよいと考えます。点訳挿入符で見出し項目を書くことはお勧めしていません。
ご質問の本の場合、目次の最初の項目が、6ページでも構いません。

たとえば、下がり数字の1ページ目に献辞があって、「はじめに」が下がり数字の2ページから始まる場合、目次を下がり数字の2ページから始めてもよいのですが、「献辞」という一般的で分かりやすい項目を用いることができますので、目次には「ケンジ」と書いて下がり数字の1ページから書くこともできます。「著者紹介」などもこれに当てはまります。

12.p200  4.目次 (4)

目次の書き方についてお尋ねします。「てびき4版」のp200 「4.目次」(4)に「見出しの語句は、29マス目以降にかからないようにする。」とあります。3版の「指導者ハンドブック 5章編」では、「施設によって27マスか、28マスで改行する書き方がある」と書かれていました。(p67)
「てびき3版」での記述は「行末は数字にかからないようにする」です。
「てびき」の考え方としては、「29マス目以降にかからなければ、施設・団体で決めてよい」と解釈してよいでしょうか。当館では「行末は27マス目まで」と決めていたのですが、「29マス目以降~」と明記されましたので変更するべきか否か少し悩んでいます。

【A】

ここは、「4版」で規則を変えたわけではなく、より分かりやすいように具体的に書き改めたところです。
目次の数字は、3ケタの数字を書くことを想定して29マス目に数符が来るようにし、そこに見出しの語句がかからないようにします。27マス目まで文字を入れている施設・団体と、28マス目まで入れているところが あると思いますが、どちらでもよいので、これまでの方法をわざわざ変更されなくてよいと思います。
28マス目まで文字を入れれば、1行少なくて済むと言うことも稀にありますが、一方、28マス目を必ず空マスにすることで、数字の位置が分かりやすいという利点もあると思います。

13.p200 4.目次

最近、原本の目次に「contents」と書かれているものがあります。
この場合、点訳書の目次では、1行目に原本通り「contents」と入れるべきでしょうか。
それとも、目次は点訳書独自の物と考え、1行目には「モクジ」と入れて良いものでしょうか。

【A】

原文に「contents」と書いてあれば、原文通りにすることをお勧めしています。

14.p200 4.目次

現行の『「サピエ図書館」登録点字文書製作基準』の「3.目次の書き方」【例2】に、2巻以降の内容を示す場合、3マス目から書き出し、2行にまたがる場合、二マス下がりでなく、1マス目に上がっています。2巻目以降の目次は「目次」とは違うのでしょうか。

【A】

この例の場合、第2巻目以降は、正確に言うと目次ではなく、第2巻目以降の内容紹介として、見出し項目だけを入れています。
ですので、第2巻以降は、見出しだけを、3マス目から書き出し、見出しが2行以上にわたる場合は2行目以降を行頭一マス目から書く書き方をしています。
例の枠囲みの下に※で書いてあるように、2巻目以降の目次はこの例のように項目だけを書く方法も、1巻目と同じように、点訳書のページ数も入れて、目次の書き方で書く方法もあります。

15.p201 4.目次 (5)

長編の後に短編が収録された小説を点訳しているのですが、分冊の際の(ツヅキ)の入れ方についてお聞きします。
長編の題名は書名と同じで、その下に章が6つ、さらに各章の下に数字の見出しが有ります。
点訳書では長編と短編の見出しを9マス目からの見出し、章を7マス目からの見出し、数字の見出しを5マス目からの見出しに取りました。
その上で、6巻に分冊しましたが、1巻から4巻までは、9マス目からの見出しの章ごとに分冊、5巻と6巻だけ5マス目からの見出しで分冊し、短編は6巻の終章の後に9マス目からの見出しで入れました。
この場合、章ごとに分冊した1~4巻までは、(ツヅキ)は不要でしょうか。

【A】

第2巻から第4巻も、点訳挿入符で囲んだ ツヅキ は必要です。ツヅキが必要ないのは、最も大きい見出しで分冊した場合だけになります。
2巻から6巻の目次の最初と、本文1ページの最初は、9マス目からの見出しで始まることになります。

16.p200 4.目次

第2巻以降の目次について、「てびき第3版指導者ハンドブック」第5章編 p143 下から5行目、点挿ツヅキ点挿のあとにページが記されていないのですが、この考え方をお教えください。p1を何回も入れないという考え方でしょうか。

【A】

大見出し、中見出し、小見出しと何段階もの見出しがある場合、最も大きい見出しの直後に次の大きさの見出しがある場合など、ページ数を入れない方法も入れる方法もあります。墨字の本にもそのような書き方がありますが、点字でもどちらの方法を取っても構いません。
この例の場合、第2巻の最初に大見出しと次の大きさの見出しがあり、点挿で「続き」とあって、ページ数を入れるとすると次の行の15マス目から点線を書くことになります。小見出しもページだけを次行15マス目からの点線を入れて、ページ数を書いていますので、1ページにたどり着くまで6行も要することになります。このようなこともあり、ページ数を省略しました。
目次は、検索のために付けるものですので、正しくそして早くそのページにたどり着けるように工夫をすることも必要になってくると思います。
「ハンドブック」などでは、「てびき」の規則の範囲で、全国の施設・団体の慣習なども考慮し、特に5章の例は、「こういうこともできます」「これも間違いではありません」というものも提示しています。各施設・団体の蔵書作成の統一資料を作られる場合は、以上のことも考慮していただいたうえで、施設・団体として統一した点訳資料ができるよう、判断していただきたいと思います。

【新規】 p200 4.目次

見出しに点訳挿入符で説明が必要となったものがあり、見出しの次行3マス目から点訳挿入符を入れました。その場合、目次はどのように書くのがよいのでしょうか。

【A】

目次には、5マス目、あるいは7マス目、9マス目から書いた見出しだけを入れます。点訳挿入符の部分は目次には入れません。

【新規】 p200 4.目次

歌集の目次の書き方について、点字目次と原本目次を書けばよいでしょうか。その場合の書き方はどうすればよいでしょうか。それとも、原本ページだけ書けばよいでしょうか。晴眼者と共有の歌集で、歌声喫茶で使用します。

【A】

原本のページを示すには、二つの方法があります。
一つは、目次に点訳書ページと原本ページを示す方法です。「点訳のてびき」の点字版では、23マス目から点訳書ページ、その後にカッコで囲んで原本ページを書いています。
もう一つは、奇数ページのページ行に、原本のページを入れる方法です。「てびき」p206 「7.欄外見出し」および、点訳フォーラム「点訳に関する質問にお答えします」の第5章その6「p206 7.欄外見出し【処理】」に関連する内容を取り上げていますので参考にしてください。
なお、点訳書で原本ページだけを目次に書くことは、しません。

17.p201 4.目次 【処理1】

短編集の目次に、各短編が
題名・・・ページ数
次行に作者名
と書かれています。
本文には題名だけです。
この場合原本通りに目次にのみ作者名を入れるだけでいいでしょうか。また、目次の短編の3作品には〇〇賞受賞と題名の後に書かれています。これも目次に入れるだけでいいのでしょうか。

【A】

一般に点訳書の目次は、点訳書の本文の見出し部分を記載することになっていますので、目次には、本文の見出しのみを記すのがよいと思います。
そして、ページを改めて、全巻内容の紹介という形で、原本の目次に記されていることを点訳すれば親切ではないかと思います。
点訳書第1巻の目次に、第1巻の見出しとページ数を書き、第1巻の見出しが終われば、ページを改めて、「全巻の内容」のような見出しをたてます。
一例として、「全巻の内容」を7マス目から書き、
5マス目から、ダイ数1カン
次行3マス目から、第1巻に入れた短編のタイトル、著者名、○○賞受賞を入れます。2行以上になる場合は2行目以降は行移しして、行頭一マス目から書き続けます。ページ数は入れません。
「第1巻」などの小見出しは、巻数の多いときに入れれば親切だと思いますが、全3巻、4巻程度の本でしたら、巻数は入れなくてもよいと思います。
全巻内容の紹介の例としては、『「サピエ図書館」登録点字文書製作基準』(http://www.naiiv.net/sapie/?2019121111からダウンロードできます)【例2】11~13ページがあります。少し内容は異なりますが、参考になさってください。

18.p203 5.まえがき・序文・凡例・あとがき・解説など

「てびき」には《著者(訳者)略歴(紹介)は、原本の記載事項に従って書く》とあります。表題紙の項には《原本のとおりとする》とありますので、表現の違いがあるのは、なにか意味があるのでしょうか。「原本の記載事項に従って書く」とは、具体的にはどんなことでしょうか。最近、「著者紹介」以外に「プロフィール」、「PROFILE」などの語句を使用している本が見受けられますが、点訳書の見出しを原本の記載通りにすると考えてよいでしょうか?

【A】

「標題紙」には、書名、叢書名、副書名など、原本に書かれている項目と点訳書に書く項目、情報は、ほぼ対応していますので、「原本のとおり」と表現していますが、「著者(訳者)略歴(紹介)」などは、原本によって、見出しや書きかた、記載されている項目(事項)もまちまちですので、「原本の記載事項に従って書く」としました。
生年月日や略歴などが簡単に書いてある場合、出版された著書だけが書いてある場合、学会で発表した資料や文献まで詳しく書いてある場合、URLなどが記載されている場合などがありますが、いずれも書かれている事項に従って書くということです。見出しも「著者紹介」だけではありませんので、原本通りに書いてよいと思います。

19.p203 5.まえがき・序文・凡例・あとがき・解説など

目次から本文に入るまでに設ける「表紙・カバー等の記載事項」・「謝辞」・「引用文や言葉」・「写真」・「参考事項」・「序文、まえがき」等、ページ数に下がり数字を用いる項目については、目次にも各項目名と共にページ数を入れた方がよいのでしょうか?
また、標題紙、原本奥付以外に下がり数字のページ付けを入れなくてもよい項目がありますか?
【A】
目次は、その図書の内容を検索するために記すものですので、できるだけ探しやすく、その巻に含まれている内容がわかるようにするのがよいと思います。そのような目次の目的からすると、下がり数字のページ数がついているところでも目次に入れた方がよいと言えるでしょう。
標題紙、原本奥付以外に下がり数字を入れなくてもよい項目があるかどうかということですが、目次から本文に入るまでに設ける「表紙・カバー等の記載事項」・「謝辞」・「引用文や言葉」・「写真」・「参考事項」・「序文、まえがき」等は、たとえ1枚でもページ付けを省略しないことをお勧めします。

20.p203 5.まえがき・序文・凡例・あとがき・解説など

(4)「初出一覧・参考文献などは、原本の形式に従って書く」の解釈について教えてください。原本の初出が、最初に書かれているものがありました。この場合には、点訳も原本の位置に従って前にもっていくほうがいいのでしょうか。てびきにある「原本の形式」は、記載する位置も含まれているのでしょうか。
【A】
この場合の「原本の形式」には、記載する位置は含まれません。初出一覧・参考文献、著者紹介などは、原本の位置にかかわらず、点訳書最終巻の巻末に入れるのがよいと思います。

21.p203 5.まえがき・序文・凡例・あとがき・解説など

1冊の本で、表紙カバーに著者紹介、本文末に著者略歴が書かれています。「著者略歴」は箇条書きのような形式ですが詳しく、「著者紹介」は略歴を抜粋したような文章になっています。この場合、表紙カバー情報と巻末にそれぞれ記載したほうがよいのか、両方とも巻末に並列して書いた方がよいのでしょうか。
【A】
基本的には詳しい方を、点訳書最終巻の奥付の前に置くのがよいと思います。ただ、これは一般論ですので、2カ所に掲載されていて、それぞれが補い合うような情報であれば、両方を点訳し、点訳書最終巻の奥付の前に置いてもよいと思います。

22.p203  5.まえがき・序文・凡例・あとがき・解説など (4)

サピエに登録する本を点訳中です。質問は参考文献の書き方についてです。
「てびき4版」p203 5 (4)に「参考文献などは、原本の形式に従って書く。」とあります。以下の原本の場合、
『驚異の小器官 耳の科学 聞こえる仕組みから、めまい、耳掃除まで』
国立国会図書館を検索すると、副書名は、
聞こえる仕組みから、めまい、耳掃除まで でした。
副書名を棒線でつなぐ等の処理はせずに、
原本通り、『驚異の■小器官■■耳の■科学■■聞こえる■仕組みから、■めまい、■耳掃除まで』でよいのでしょうか?
また、4版てびきp198 3表題紙 【処理2】「副書名は、②⑤②⑤の点との間を一マスあけて書く。」とありますが、これは、表題紙の場合だけで、本文中や参考文献においては、原本通りで処理をして、この処理をつかうのは誤りでしょうか?

【A】

お答えの結論から先に申し上げれば、原本通り、『驚異の■小器官■■耳の■科学■■聞こえる■仕組みから、■めまい、■耳掃除まで』と書いてよいと思います。
また、「てびき」p198【処理2】は、標題紙だけに用いられる書き方ですので、それ以外で、②⑤②⑤の点を用いる場合は、p157 副見出しの書き方を参考に、記号間の優先順位に従って書くことになります。
ご質問の例では、調査の結果、詳細な書誌が分かったわけですが、参考文献に記されているすべての書誌を調査することは困難ですし、国会図書館とTRC(「サピエ」の書誌)とでは判断が異なる場合もあります。参考文献は、その本の判断で、統一した書き方をしてありますので、原本の通りに点訳するのが確実な方法だと思います。

23.p203 5.まえがき・序文・凡例・あとがき・解説など

標題紙について、サピエの詳細検索で校正中の本のタイトルを確認しましたら、このように書かれていました。
ミス・マープルの名推理 予告殺人(HJB)(ハヤカワ・ジュニア・ミステリ)
HJBはハヤカワ・ジュニア・ブックスの略ですが、このような場合、ハヤカワ・ジュニア・ミステリと、(HJB)も書いた方がよいのでしょうか。シリーズが二つあるときの点訳方法でよいのでしょうか。本の奥付にはなく、本の表紙に星の形の中に書かれています。
この本の表紙のうらに、「日本語版翻訳独占 早川書房」とあります。その下には翻訳を早川書房に認めた趣旨の英文がかかれています。取り交わしの書類の一部なのかもしれません。この英文の書き方で、点訳者は一行ごとに外国語引用符で囲んでいますが、すべての英文を一つの外国語引用符で囲むことはできませんか。
その英文の中に
Copyright c 1950 Agatha Christie Limited
との一文があります。(Cは丸囲み)
この「丸の中のc」は省略して良いのか、カッコで囲んで書くならばどのように書けばよいのでしょうか。

【A】

「ハヤカワ・ジュニア・ミステリ」は小学校高学年から中学生向けの読み物のシリーズですので、結論から申し上げると、ご質問に書かれていることはすべて省略してよいと思います。
(HJB)は略称ですし、省略しない叢書名が標題紙・奥付に入っていれば、それ以上付け加える必要はありません。
表紙のうらの「日本語版翻訳独占 早川書房」に関する英文は、この物語の内容に関するものではなく、このシリーズ全体の早川書房の権利に関する断り書きのようなものですので、これも省略してよいと思います。
もし、原本にあることすべてを点訳する必要がある場合は、最終巻の本文・あとがき等が終わった後に挿入するのがよいと思います。
すべて英文の場合は、最初と最後に外国語引用符を付けるか、外国語引用符を省略することもあります。また、丸囲みのCはCopyrightの意味なので、省略します。

24.p203 5.まえがき・序文・凡例・あとがき・解説など

「あとがき」について、原本には3行の著者の言葉が書いてあります。
内容はお世話になった方々へのお礼と責任は著者に帰する、とあります。見出しはありませんが、点訳書には「アトガキ」と入れてよろしいでしょうか。

【A】

「あとがき」の見出しが原文にないのですから、ページを替えて、見出しは入れずに、これだけを1ページに書いてよいと思います。
「献辞」や「著者紹介」などは、本の構成要素として点訳で補ってもいいと思いますが、「あとがき」には、見出しがいろいろ考えられますので、点訳ではあまり補うことはありません。目次にも入れなくてもよいと思います。

ただ、本文が前のページの最下行まで来てしまった場合は、ページ替えかどうかの判断が付きませんので、次ページの1行目をあけて書くなどの工夫をした方がよいと思います。

25.p203 5.まえがき・序文・凡例・あとがき・解説など (1)

「それぞれページや用紙を改めて書く」とありますが、「それぞれ」とは、どれが「ページを改める」で、どれが「用紙を改める」ということでしょうか。
ページを改める=偶数ページからの書き出しでもOK
用紙を改める=奇数ページからの書き出し
との理解でよいでしょうか。
また、本文がFin.として終わった後に、特別書き下ろし番外編、あとがきと続きますが、これは「ページを改める」のでしょうか、「用紙を改める」のでしょうか。

【A】

「用紙を改める」は印刷したときに、用紙が替る所ですから
ページを改める=偶数ページからの書き出しでもOK
用紙を改める=奇数ページからの書き出し
は、正しいご理解です。
そのうえで、用紙を改めるのは
1.標題紙から目次に移るとき
2.目次から下がり数字のページ付けに移るとき
3.下がり数字のページ付けから、本文1ページに移るとき
4.奥付に移るとき
だけになります。下がり数字のページ付けがない場合は、目次から本文に移るときに用紙替えになります。
それ以外は、「ページを改める」ことになります。
点訳書凡例、献辞、まえがき、序文などを下がり数字のページ付けで書く場合は、それぞれの間はページを改めて書きます。
また、本文の後に、あとがき、解説、著者紹介などが来る場合も、それぞれページを改めて書きます。
ご質問の本文の後に、特別書き下ろしがある場合も、本文と通しページにして、ページを改めて書きます。

26.p203 5.まえがき・序文・凡例・あとがき・解説など

「表紙カバー」について記載されていませんので質問します。
1.表紙カバーはまえがきや献辞などの前に書きますか?
2.「帯」がついているときはどうですか?
3.これらすべて頁替えして下がり数字をつけていいですか?
4.1ページ目は必ず本文になりますか?
【A】
「表紙カバー」や「帯」は、点字図書館に蔵書したり、サピエ図書館に登録したりする図書の標準的な装丁としては、点訳することが想定されていません。
ですので、「てびき」の「本文以外の割り付け」にも掲載されていません。
プライベートな依頼やその施設・団体の方針として、表紙カバーや帯まで点訳する場合は、各施設・団体で記載位置を決めてよいと思いますが、図書の通常の記載順序を乱さないような位置に入れる必要があると思います。
標題紙、目次、点訳書凡例、献辞、まえがきなど、本文、あとがき・解説など、参考文献、著者紹介、奥付の流れのうち、
第1巻のまえがきの前か、最終巻の著者紹介の前などが考えられます。
第1巻に入れる場合は、下がり数字のページ付けで、最終巻に入れる場合は、本文と続きのページを付けます。
原則として、ページ付けの1ページは本文の開始位置になりますが、まえがきなどが本文の内容と連続性が強い場合は、まえがきから1ページとする場合もあります。
補足ですが、点字図書館の蔵書やサピエに登録する図書の場合は、長い期間にわたって利用されますので、「表紙カバー」や「帯」のように、ある一定の短い期間でデザインや内容が変わったり、使用されなくなったりするものは、点訳書の奥付の版次や刷とも内容が異なってくるということもあり、点訳する項目に入っていないのだと思います。

27.p203 5.まえがき・序文・凡例・あとがき・解説など

献辞に「献辞」という言葉がなくても見出しとして「献辞」と書いた方がいいでしょうか。その場合、一番大きい見出しに揃えるのでよいでしょうか。
「献辞」と書かず原本の言葉のみを書く場合の書き出し位置はどうなりますか。

【A】

原本に「献辞」と見出しがなければ、点訳でも見出しは書かなくてよいとお答えしています。原本の言葉のみを1行目の3マス目から書きます。ただ、その言葉が「母へ」などと非常に短い場合、そのページの1行目は空白にして、2行目に書くと言うこともできると思いますが、1行以上の行あけはお勧めしていませんので、3行目以降から書くことは避けた方がよいと思います。

28.p203 5.まえがき・序文・凡例・あとがき・解説など

原本の最後に出版社の「出版図書の紹介」が掲載してあり、書名、著者名、定価、ページ数、内容(見出し)、ISBN等が5ページ分載せてあります。
このような出版図書の紹介も点訳した方がよいのでしょうか。

【A】

出版社のPRですので、基本的には、必要ありません。プライベートサービスで依頼者からその部分も点訳するよう希望があった場合や施設・団体の方針で点訳するように取り決めてある場合は、施設・団体の方針に従ってください。

29.p203 5.まえがき・序文・凡例・あとがき・解説など

原本の目次の最後に、
この本は‥‥を大幅に加筆修正したものです。
本文中は敬称略。・・・・を使用しています。
という文言があります。
この文言は、第1巻の目次を書いた後1行あけて書いてもよいのでしょうか。それとも最終巻の本文の後に書かなくてはいけないのでしょうか。

【A】

このような項目は墨字の本でも、書かれている位置が定まっていませんので、第1巻に入れるか、最終巻にするかは、原本に準じて書くのがよいと思います。
ご質問の原本の場合は、本文の前に書かれているので、第1巻に入れてよいと思います。
点訳書の目次には、目次の項目だけを書きますので、目次の次(点訳書凡例があればその次)に、ページを替えて、下がり数字のページを入れて、書くのがよいと思います。下がり数字のページの項目が続く場合はページを替えて入れ、本文に入る所では用紙を替えて書きます。

30.p203 6.奥付

奥付に電話番号を記載するとき、「てびき」の例に、「デンワ」の後ろ、二マスあけの場合と一マスあけの場合があります。電話番号を住所の一部と考えるか、住所と切り離して考えるかによってマスあけが異なるのでしょうか。
「ショメイ」の後ろ、「チョシャメイ」の後ろに小見出し符を用いず、二マスあけで点訳し、「デンワ」の後ろは一マスあけにすることは支障ないでしょうか。
【A】
「てびき」の例の一マスあけと二マスあけの違いは、お考えの通りです。
ご質問のような書き方の場合、「デンワ」の後、一マスあけでも誤りではありません。ただ、小見出し符を用いているときと異なり、発行所の後、住所、電話番号も行を替えて3マス目から書く場合は、「デンワ」の後二マスあけにした方がよいと考えて、「てびき」では二マスあけにしています。

31.p203 6.奥付

副書名が原本の表紙・奥付に記載されておらず、ブックカバーに書いてあるような場合、奥付は原本にあることのみ書けばよいのでしょうか。あるいはTRCに沿って記載した方がよいのでしょうか。
【A】
原本奥付で分かる範囲で「書名、副書名」などを決めても間違いではありません。
しかし、「サピエ図書館」にアップする場合は、書誌と点字データで不一致があるよりも、TRCと統一した方が、何かと都合が良いのではないかと思われます。必ずどちらとは言えませんが、「サピエ図書館」にアップする本の場合は、「サピエ」の書誌と点訳図書が一致している方をお勧めします。
なお、原本表紙に記載がなくても副書名として採用した場合は、奥付だけでなく、標題紙にも副書名を入れることになります。

32.p203 6.奥付

現在、洋書をUEBで点訳していますが、奥付に相当する文は、洋書ですので表題紙の次に入っていて、本の最後に奥付はありません。この奥付をどのように処理すればいいでしょうか。また、標題紙には日本語で製作館名が入りますが、英語部分を外国語引用符で囲むか、日本語の製作館名をカッコで囲むなどの区別が必要でしょうか。
【A】
「サピエ図書館」の製作基準では、標題紙の次に目次を入れ、その巻の最後に奥付を入れることを基準としていますので、標題紙の次には目次を入れてください。そして、巻末には、奥付を入れてください。
巻末の奥付の原本に関するところは、必要部分だけを抜き書きするか、原本奥付の通りに入れるかは、原本の種類や内容にもよるので、それぞれの施設・団体の方針で作成していただいて構いません。また、巻末に必要事項だけを入れた上で、目次の次に、下がり数字などでページをつけて、原本の奥付をそのまま掲載する方法でもよいと思います。
二つ目のご質問についてですが、標題紙は、和書の標題紙と同じ配置にしますので、書名、副書名、シリーズ名、著者などは、外国語引用符で囲まないで書いて構いません。巻数、全巻数、製作館は日本語で、特に囲み記号は必要ありません。

33.p203 6.奥付

奥付の書き方について二つお尋ねします。
① 児童書や絵本の奥付に
作 〇〇
絵 □□
とあるとき、
点訳も 絵 □□ を書いた方がいいでしょうか。
書いては間違いでしょうか。
② ISBNの書き方です。
ISBNのあとに書かれている
C0193 などの数字はいらないのかと思っていましたが、
書いた方がいいのでしょうか。

【A】

奥付は、「てびき」p203「6.奥付」(1)にあるように、「必要事項を取捨選択」することになっていますので、この項目を入れたから間違いと言うことはありません。
ただ、「てびき」p203 (1)に挙げてある①~⑦の項目や「てびき」「ハンドブック第5章編」の例など、目安となっている基本的な書き方には、「絵」を書いた人の氏名も、ISBNの後にあるCコードも入っていません。
施設・団体で特に入れると決めていない場合は、入れなくてよいと思います。

34.p203 6.奥付

文庫本の奥付について質問します。
奥付が書かれたページに 集英社文庫、集英社スーパーダッシュ文庫、コスミック・時代文庫、ハーパーBOOKSなどと記載されています。
中には「角川文庫6621」ハヤカワ文庫では「JA1295」(本扉に ハヤカワ文庫JA1295とある)、「新潮文庫う-18-2」などと書かれたものもあります。
「サピエ図書館」登録点字文書製作基準(2017.4)の奥付の例(P19)には、文春文庫とありますが、P20の点字には書名しか書いてありません。
それに倣って「~文庫」はいれなくてもいいのでしょうか。それとも6621、JA1295、う-18-2 など数字のあるものはいれたほうがいいのでしょうか。

【A】

叢書名の中には、文春文庫、新潮文庫、岩波文庫、岩波新書など、出版社名だけを冠したものがあります。そのような叢書名とその番号は、点訳書では、省略する習慣になっています。叢書名はシリーズの特徴を示すものですので、単に出版社名だけのものは省略するという考えです。
ですから、出版社名が入っていても、「岩波ジュニア新書」「ちくまプリマー新書」「講談社学術文庫」などは、入れるか入れないか、はっきりした指針は出ていないので、施設・団体によって幅があるようですが、このように対象を絞ったり、その本の特色を示す叢書名は入れた方がよいと思います。

【新規】 p203 6.奥付

書名「1961 東京ハウス」
この本の奥付に「ルビ」があります。「イチキュウロクイチ トウキョウハウス」
この場合の書き方はルビを優先するということになりますか。
標題紙・奥付の書き方は「イチキューロクイチ(1961)■トーキョー■ハウス」でよいでしょうか。本文にルビが無い場合は「「イチキューロクイチ(1961)■トーキョー■ハウス」の文を1回書けば良いでしょうか。

【A】

1961年のことを表していますので、「いちきゅうろくいち」と読んでも、標題紙には「数1961■トーキョー■ハウス」と書くのがよいと思います。
原本では、奥付にだけルビがあるとのことですが、奥付には、書名、副書名、叢書名、著者名などを書誌的に詳しく記すという意味合いがあります。点訳書では、標題紙に掲載する情報にはレイアウトの関係上、限りがありますので、著者が多い場合など、標題紙は「○○ほか著」と書き、奥付には、厳密にすべてを記載します。ですので、この本の場合も、奥付のみ原本にそって「数1961(イチ■キュー■ロク■イチ)■トーキョー■ハウス」と書くのがよいと思います。
なお、数字のルビは、イチ■キュー■ロク■イチと区切って書きます。

35.p206 7.欄外見出し 【処理】

原本ページの記入には決まりがあるのでしょうか。「表記法」などに、一部例があるだけで詳しいことがありませんので書き方がありましたら教えてください。

【A】

原本ページの書き方は、「表記法」「てびき」では、欄外見出しの書き方のところに説明があるだけで、それ以上のルールはありません。
ページ行の余白を利用することになっていますが、検索のしやすさから、ページ行の行頭に書くことが多いようです。「てびき」p206の【処理】も参考にしてください。
「てびき」p207「9.点訳書凡例」⑨にあるように、点訳書凡例で、原本ページを付けたことをその位置も含めて断ります。

36.p207 8.索引

外国人の名前の書き方について、手元にある本は本文中で紹介されている作家名はアガサ・クリスティーですが、索引では、クリスティー・アガサと表記されています。他にも外国人作家の名前はたくさん出てきますが、すべて姓と名が逆になっています。また、別の本では標題紙や奥付の著者名と著者紹介の表記が逆になっていることもあります。索引の場合、姓・名が逆では検索が難しいと思いますが原本通りに点訳するべきなのか、それとも検索性を考慮して本文と同じ表記にする配慮が必要なのか、どちらがいいのでしょうか。

【A】

名前を先に書く書き方も、姓を先に書く書き方もありますので、基本的には原本通りでよいと思います。
索引は、配列順や点字でのページや行数の入れ方などを断ってから書きますので、その際、
① 索引では、本文とは異なり、姓・名の順で書いてあることを断る
② 原本では、索引は姓・名の順になっているが、点訳書では本文通りの書き方としたと断る
上記、①②いずれかの断りを入れるのがよいと思います。
検索のしやすさから言えば、本文中の書き方と同じにした方がよいと思いますが、原本と掲載順序が異なってきますので、十分注意を払う必要があります。

37.p207 9.点訳書凡例

1行あけが多い本を点訳したところ、点訳データのページの先頭に1行あけが連続してしまいました。ページが変わるたびに先頭行が空いていたりしますので、触読者にとって大変読みにくいと感じます。このような場合には点訳書凡例で断ることも考えられるでしょうか。

【A】

確かに、行あけの多い墨字の本が目立つようになり、点訳していても、1行目が空行になってしまうことも多くなりました。全巻通して読めば、原本の特徴も分かっていただけると思いますが、先頭行が空白になることが多く、違和感があるほどであれば、点訳書凡例で断るのもよいかと思います。
点訳書凡例は、点訳書独自の留意点を書くものですし、独立して1ページを使用しますので、読み飛ばすことも、あとから戻って読むことも、読者の判断に委ねられ、他に影響を及ぼすこともありません。ですので、このように原本の特徴によって点訳上読者が違和感を覚えるような場合も、点訳書凡例を活用していいと思います。

38.p207 9.点訳書凡例

今、校正中の本の中に挿入文があります。原本での書き方には二通りの書き方がされています。
全体としては字下げをし、書き出し位置が1字分下げた書き方。
全体としては字下げをしているが、書き出し位置は1字下げがない挿入文。
点訳者はこの書き方の違いを示したいのか挿入文では二マス下げのインデントを使っていますが、書き出し位置は二マス下げた挿入文と書き出し位置を下げない行頭からかかれた挿入文があります。
そして点訳書凡例の中で「挿入文の書き出しは原本通りとしました。」と書いています。この点訳方法でよいでしょうか。
「てびき」p147 1.に「文章の書き始めは3マス目から書く」ことが示されています。点訳書凡例で断れば一マス目から書き始めることができるという判断でよいでしょうか。
最近点訳書凡例を書きましょうとの指導でいろいろな事が点訳書凡例に書かれるようになっています。点訳書凡例についてもどのような時にどう使うのか教えてください。

【A】

ご質問の挿入文の場合は、お考えの通り、「てびき」p148【処理1】の原則で示されているように、挿入文の書き始めを二マス下げた位置から書き出すのがよく、点訳書凡例を設けることではないと思います。

点訳書凡例は、「てびき」p207~p208に示された①~⑬の場合に、必要となりますが、①~⑪は、「てびき」の該当項目に点訳書凡例か点訳挿入符で断ると示されています。
⑫は、雑誌などの逐次刊行物で、特集の関係で、原本の位置が定まっているシリーズ物が移動しているのを、毎号の通りの位置に点訳する場合や、特集を1巻に収めるために、小さい記事を移動したりした場合など必要に応じて断ります。
⑬は、原本で使われているマーク類などを、効率よく点訳するために、書き方を工夫した場合、例えば将棋の棋譜を点訳する時や、家庭科や社会科などの地図記号、洗濯マークなどが何度も出てくるので、少ないマスで表示できるよう工夫した場合などが代表的な例になります。

ご質問の場合、もし、行頭下げないで書く挿入文と、行頭を下げて書く挿入文があって、そこに著者の意図があるのであれば、原本の凡例や本文中で断ってあるはずです。墨字の読者も点字の読者も同じ条件の事項に関しては、点訳書凡例で断る必要はありません。

点訳書凡例は、点訳書独自の工夫や留意事項がある場合に入れるもので、点訳書凡例を不必要に多用することは、避けるべきだと思います。
以前は、必要な点訳書凡例も入れていない点訳書が多かったこともあり、必要性を強調していましたが、「点訳書凡例で断ればいい」というような安易な使用は避けるよう気を付けることが大事だと思います。

39.p207 9.点訳書凡例

翻訳本の凡例に「本書の原文ではロシア語とベラルーシ語が使用されています。日本語に翻訳するにあたり、ベラルーシ語の箇所については書体を変えてあります」とあり、一部ゴシック体の文字になってます。その部分をどのようにして点訳したらいいでしょう。また点訳書凡例で断る必要はありますか。

【A】

一般的には、点訳ではとくに区別しないで、ゴシック体を無視して書いてよいと思います。
本の内容が、ベラルーシ語とロシア語の違いを解説しているとか、ベラルーシ語を特に意識する必要がある内容の場合は、ベラルーシ語を第2カギまたは第1指示符で囲む方法もありますが、それが非常に多いと読みにくくなります。
ベラルーシ語であることが分かっても本の内容を理解するのに必要ない場合は、省略してよいと思います。
もし、ゴシック体を第2カギまたは第1指示符などで囲んだ場合は、原本の凡例の「本書の原文ではロシア語とベラルーシ語が使用されています。日本語に翻訳するにあたり、ベラルーシ語の箇所については書体を変えてあります」のあとに、点訳挿入符で、点挿テンヤクデワ■⑤③⑥メメ③⑥②デ■カコンダ。点挿 のように断ればよいと思います。
なお、ベラルーシ語を第2カギで囲んだ場合は、この原本をとおしてほかの箇所で、第2カギを用いないようにします。
ゴシック体を無視した場合は、原本の凡例のあとに、点挿テンヤクデワ■クベツ■シテ■イナイ。点挿 のように入れた方がよいと思います。